団体概要

NGO神戸外国人救援ネット(NGO Network for Foreigners’ Assistance KOBE)は、阪神淡路大震災(1995.1.17)をきっかけに生まれたネットワークです。
神戸で在日外国人の人権問題に取り組んでいた各NGO団体が震災後集まり、「外国人救援ネット」として被災地で外国人が抱えている諸問題に取り組む活動を始めました。活動開始当初は、主に義援金、治療費、弔慰金が一部の外国人に支給されないといった問題に取り組み、成果をあげてきました。
その後、多様な人々が共に暮らせる社会の実現を目指し、震災後の緊急的な支援活動だけでなく、恒常的な在日外国人の支援活動を行うため、「NGO神戸外国人救援ネット」として再発足しました。
個々のNGOでは解決困難な問題でも、他のNGO団体や弁護士など専門家の協力も得ながら問題解決に取り組んでいます。

概要
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通1-28-7
TEL&FAX:078-271-3270
E-mail:gqnet@poppy.ocn.ne.jp
ホームページ:http://gqnet.webcrow.jp/

事務局開所曜日 月・水・金曜日 13:00~18:00
設立年月日 1996年4月
代表者 飛田 雄一(代表)
事務局員 村西 優季